インプレッサ WRX

スバル インプレッサ WRX STI

 

 

起源はWRC(FIA 世界ラリー選手権)に勝つためのホモロゲーションモデル

 

WRXはもともと、WRC (世界ラリー選手権)に参戦するために造られたインプレッサWRXに起源を持ちます。

 

それ以前(1993年)まで、スバルはレガシイでWRCに参戦していたが、ライバル車よりも絶対的な速さはあるもののそのボテイの大きさからタイトコーナーでは姿勢変化が大きくなりがちで、なかなか勝利にまでは結びつきませんでした。

 

そこで、ひと回り小さくコンパクトで、より機動性に富むインプレッサをベースモデルに仕立てられたのが、「WRX」というグレードでした。

 

なぜラリー参戦用のクレードを一般ユーザーにも市販するのかといえば、それはWRCの参戦規定に起因する。

 

当時のWRCにはグループA規定が適用されており、参戦できる車両は、「連続する12ヵ月に2,500台以上、生産される市販車」で、エンジンや駆動系、サスペンションの基本構造やボディ外観を変更することも禁止されていたため、市販車の状態で、それなりのパフォーマンスを備えている必要があったわけです。

 

 

 

WRC (FIA 世界ラリー選手権)

 

WRCにおけるスバルインプレッサWRXの活躍には目覚ましいものがあり、95〜况年には製造者部門でなんと3連覇を果たすなど、一躍その名を世界中に知らしめました。

 

その市販バージョンは、スバルのイメージリーダー的存在になったのだが、一般の公道を走行するには大げさなエアロパーツが付けられていたため、次第に「一部のクルマオタクが乗るモデル」というイメージが強まってしまったのも、まぎれもない事実でした。

 

スバルは2008年を最後に、WRCのワークス活動を終了して、同時にスバルインプレッサWRXも、当初の役割を終えた。

 

しかし、スバルはすべてのモータースポーツから完全撤退したわけではなかったし、ブランドコンセプ卜を訴求するためのモデルとして、WRXは恰好の存在です。

 

そこで2010年のマイナーチェンジを機にインプレッサ,の名前に別れを告げてWRXといった独立モデルとして存続することになった。 日産スカイラインからGT-Rが独立したのと同じ理由ですね。

 

さらに2014年には、WRXとして初のフルモデルチェンジを実施。

 

ボディタイプは4ドアセダンー種類に整理される代わりに、従来路線を引き継ぐ,WRX STIと、よりユーザーに訴求する「WRX S4」の2グレードが用意されるようになった。

 

それが現在のWRXモデルである。

 

今回は表向き、「スバル初のビッグマイナーチェンジ」ということになっているが、スバル車の常で、これまでも年次改良は準じて行なわれており、モデルとしては,,D型,,となります。

 

大きな変更内容は、

 

  • 走りの進化
  • 外装の質感向上と実用性の向上
  • 安全性の向上・進化

 

全体としては、よりプレミアムスポーツセダンとしてのイメージを向上させる一方で、走りの点では、STIとS4,それぞれのキャラクターをより明確化したという。

 

今回は通常のマイナ?チェンジ(MC)としては変更点が非常に多く、ここではそのスバルらしい細かなこだわりをお伝えできたらと思います。

 

 

インプレッサWRXで戦った歴代の凄腕のWRCドライバー達
  • カルロス・サインツ(スペイン)
  • コリンマクレー(イギリス)
  • ピエロ・リアッティ(イタリア)
  • ケネス・エリクソン(スウェーデン)

 

※特にコリン・マクレーの走りは凄かったですね。

 

 

また2001年度にリチャード・バーンズが、2003年度にはペター・ソルベルグがドライバーズタイトルを獲得しています。

 

 

 

 

 

 

 

STIのエンジン